2021年 注目のおすすめアーティスト

YOASOBI(ヨアソビ)のikura(イクラ)さんのこれまでの活動について調べてみた

こんにちは、サラリーマンブロガーのワタブロです。

今回は、今 人気絶頂のYOASOBI(ヨアソビ)でボーカルを担当しているikura(イクラ)さんのこれまでの活動内容をまとめてみました。

幾田りらさんについて

■プロフィール

本名:幾田りら(いくた りら)
生年月日:2000年9月25日生まれ
出身:東京都
年齢:20歳(2021年1月現在)
家族:4人兄弟の末っ子

シンガーソングライターを目指すきっかけ:
父が母に対し「ホワイトデーに曲をプレゼントしたいから、バレンタインデーは歌詞を作ってほしい」と頼み、母が歌詞を作って、父がお返しで曲をプレゼントする光景を間近で見ていたことがきっかけとなった。

ご両親の影響が大きかったんですね

影響を受けた歌手:YUI、aiko、テイラー・スウィフト

楽器や部活など:
小学1年でピアノ、小学6年でギターを始める。中学校のアンサンブル部にてトランペットを担当していた。

小学3年~6年まではミュージカル劇団に所属していた事もある。

中学・高校:明星学園中学校・高等学校を卒業している。

スポーツ:
好きなスポーツは陸上。50m走のタイムは7.3秒の俊足で、小学校から高校にかけ12年間体育祭のリレーの選手をやっていた。

「ドッジボールの女王」と言われる程、ドッジボールが得意だった。

シンガーソングライターとしての活動について

■活動とリリース

2015年
Sony Music主催『SINGIN’JAPAN』でファイナリストに選出されている。

2016年1月~
Sony Musicが主催する新人アーティスト養成講座「the LESSON」へ四期生として参加している。


2016年8月26日
1stデモ・アルバムの『15の想い』をリリースする。
★下記に 公式サイトがありました。気になる方はチェックしてみてください!


2018年4月21日
レコ発企画ライブを開催し1stミニ・アルバム『Rerise』をライブ会場限定で発売する。


2020年3月11日
2ndミニ・アルバム『Jukebox』をリリースする。

2020年9月25日
配信リリース「ロケット・トゥ・ザ・ムーン~信じた世界へ~」
〈Netflixオリジナル映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版エンド・クレジット・ソング〉

1stミニ・アルバム『Rerise』トレーラー動画
2ndミニ・アルバム『Jukebox』トレーラー動画

おすすめは3曲目の
「ロマンスの約束」


<楽曲スペシャル映像>
https://www.youtube.com/watch?v=9CNoxAkS0Jc

「ロケット・トゥ・ザ・ムーン~信じた世界へ~」

音楽ユニット【ぷらそにか】としての活動について

「ぷらそにか」はSony Musicが主催しているセミナー型オーディション
「the LESSON」の受講生らを中心に結成しているユニット。

様々な楽曲をカバーしていて、メンバーは全体的に親しみやすそうな、
素朴なイメージで、全員若いです。

下記は「ぷらそにか」公式ホームページのリンクです。

2017年7月、アコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に加入。
同ユニットでは、ボーカル、ギター、トランペット、キーボードを担当している。

3年以上活動していて、それがAyaseさんの目に留まり【YOASOBI】を結成する事に繋がったんですね。

やっぱり好きな事を継続し続けるって大事ですね。

そして、各メンバーは歌はもちろん様々な楽器を弾ける事も特徴的です。

あなた/宇多田ヒカル(cover)
怪獣の腕のなか / きのこ帝国 (cover)

ちなみに、怪獣の腕のなか / きのこ帝国 (cover)で幾田りらさんと一緒に歌っている

にしなさん

も、特徴的な歌声で個人的に気になっています。

にしなさんのTwitter、YouTube
【Twitter】https://twitter.com/nishina1998

nishina/空間飛行
ケダモノのフレンズ/にしな

気になった方は【にしなさん】もぜひ聞いてみてください。

まとめ

・YOASOBI(ヨアソビ)のikura(イクラ)さんは、シンガーソングライター
【幾田りら】としても活動中の20歳(2021年1月現在)。
・音楽ユニット【ぷらそにか】のメンバーとしても活動している。
・ワタブロとしては【ぷらそにか】の<にしなさん>も気になる存在。

それでは、今回はここまでとします。

コメントを残す

*